ホーム > 権利擁護センター「あんしん江東」 > 市民後見人養成

権利擁護センター「あんしん江東」

市民後見人養成

お知らせに表示するテキストを入力してください。

成年後見制度は認知症などによって判断能力が十分でない方が不利益を被らないように 家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人(成年後見人)を選任してもらい、その方を法律的に支援する制度です。

認知症高齢者の増加などに伴い、成年後見制度は、必要性が高まり、需要はさらに増大すると見込まれています。

そのような中、成年後見人の新たな担い手として「市民後見人」が注目されています。

地域の事情に詳しい区民の方々により、きめ細かな対応が期待できる身近な「市民後見人」・・・あなたも市民後見人として活動してみませんか!

 

権利擁護センター

江東区東陽6-2-17 高齢者総合福祉センター2F 交通案内
電話 03-3647-1710 Fax 03-5683-1570

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

質問:このページは見つけやすかったですか。

質問:このページの内容はわかりやすかったですか。