ホーム > お知らせ一覧 > 新型コロナウイルス特例貸付の受付けは12月で終了します

新型コロナウイルス特例貸付の受付けは12月で終了します

新型コロナウイルス特例貸付の受付けは12月で終了します

緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付

 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々に向けた緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を実施しております。

特例貸付の詳細については、■東京都社会福祉協議会ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

 江東区社会福祉協議会では、江東区内に住民登録されている世帯の申請を郵送で受付けています。感染症拡大防止のため、窓口での書類の受け渡しはご遠慮いただいております。

申請書類は、東京都社会福祉協議会ホームページ「こちら(外部サイト)」からダウンロードできますのでご利用ください。

 

   ■緊急小口資金(特例)
   (貸付額 20万円以内(一括交付)
    •据置期間  1年以内
    •返済期間  2年以内(24回以内)

   ■総合支援資金(特例)
    貸付額 単身世帯:月額15万円以内、二人以上世帯:月額20万円以内
    •貸付期間   原則3カ月以内
    •据置期間  1年以内
    •返済期間  10年以内(120回以内)

 

-申請書類の提出期限は12月28日(月)必着-

特例貸付の受付けは12月で終了します。緊急小口資金・総合支援資金の申込みは、江東区社会福祉協議会で12月28日(月)まで受付けています。

◎書類に記載漏れや添付書類の不足などがあった場合は、訂正・追加書類の提出が必要になります。再提出が完了するまで受付けは成立しないことになりますのでご注意ください。

◎年末は郵便物の取扱いが増加することが見込まれますので、期日に余裕をもってご提出ください。

 

■総合支援資金特例(延長貸付)

 貸付延長の対象となる方は、原則の貸付期間の3月目において、引き続き、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯で、生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受ける場合となります。(貸付延長の対象は3月目が12月までの世帯)

総合支援資金(延長)の提出期限】

 総合支援資金の延長貸付の対象の方には、東京都社会福祉協議会からご案内が郵送されますのでご確認ください。

 

 

■「緊急小口資金特例貸付」に関するお問い合わせ

    個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター

     ☎ 0120-46-1999(9:00~21:00/土日・祝日を含む)

 

 

■江東区社会福祉協議会への問合せ

  〒135-0016 江東区東陽6-2-17 高齢者総合福祉センター内

  福祉サービス課 電話03-3647-1898 土日祝休

  受付時間:平日 午前9時~午後5時

福祉サービス課

江東区東陽6-2-17 高齢者総合福祉センター内 交通案内
電話 03-3647-1898 Fax 03-5683-1570

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

質問:このページは見つけやすかったですか。

質問:このページの内容はわかりやすかったですか。